地震発生時の設備機器の対応について

火災などの危険があります!

■発熱する電気製品のプラグをコンセントから抜いてください。

・ストーブやこたつ ・アイロン ・ドライヤー ・電気ポット など
※スイッチが入ったまま通電が再開された場合、気づかずに火災となる危険があります。

非難する時は、主幹ブレーカーを切って

地震で停電になっても、電力会社の設備に異常がなければ、再び電気は送られてきます。家の外に非難する時は、電気の消し忘れなどによる通電火災を防ぐために、分電盤の主幹ブレーカーを切りましょう。
地震を感知して自動的に電気を遮断する装置も市販されています。

case1. 地震後、ガスが出なくなった場合

Step.1

全てのガス栓、ガス器具の元栓を閉めて下さい。
屋外の機器も忘れずに閉めて下さい。

Step.2

ガス供給会社のホームページのガスメーターの復帰方法の手順に従い、 ガスメーターを復帰してください。 【参考】東京ガスホームページ http://home.tokyo-gas.co.jp/

Step.3

ガス栓をそれぞれあけて、ガス漏れの無い事を確認してから、各ガス器具を使用してください。 停電している時のガス器具の使用は避けて下さい。

※今のガスメーターは、ガスマイコンメーターと呼ばれ、地震、ガス機器の消し忘れ、多量のガス漏れ・ガス機器の長期使用を検知して、ガスを遮断します。
震度5弱相当以上の地震が発生した場合に自動的にガスを遮断します。

case2. ホームエレベーターをご使用のみなさま

地震管制運転装置が装備されているエレベーター

エレベーター走行時に地震があった場合

地震センサーが働き、最寄の階へ運転し、到着後、扉が自動で開きますのでエレベーターから降りて下さい。

地震が余震を含め収まった場合

大きな地震であった場合
自動復帰しません。コールセンターに連絡をして、点検、復帰の依頼をして下さい。
大きな地震でなかった場合
自動復帰しますので、空運転(人が乗らずに運転)を2.3回行い、異常音、異常振動が無い事を確認してからご使用ください。

地震管制運転装置が装備されていないエレベーター

エレベーター走行時に地震があった場合

最寄りの階のボタンを押して到着後、扉が自動で開いたら、エレベーターから降りて下さい。

地震が余震を含め収まった場合

空運転(人が乗らずに運転)を2.3回行い、異常振動が無い事を確認してからご使用ください。

  • PalconのZEH
  • Palcon SE
  • 九州地区/熊本地区で建築予定の皆さまへ限定プランのご案内
  • 東京23区/不燃化特区にお住いの皆さまへ
  • 大成建設ハウジングとパルコンの技術と想いを映像でお届けします
  • 建築用地をお探しの方は、有楽土地不動産がお手伝いいたします。
  • longlifedesign
  • 大成建設グループ「住まい」