自分でできるメンテナンス講座

建具

丁番の調整3

キャビネット類の丁番には、ほとんどスライド丁番というものが使われています。このスライド丁番は、前後、左右、上下に扉を動かせる調整ネジが付いていて、使用しているうちにこれが緩んできて扉にズレが生じたり、開けにくい、ガタついてしまうことがあります。そのまま使い続けると扉の位置ズレが進行し扉どうしが干渉し、側面が擦れて傷んだり、扉が閉まりきらなくなり扉が落下してケガをすることがあります。そんな場合には、取扱説明書にしたがって丁番にある三つのネジを調整して下さい。扉を開け閉めしながら、左右のバランスを見て少しずつ調整するようにしましょう。(扉の脱落に注意して下さい)

※年数経過により、吊り戸棚等を固定しているネジが緩み、ガタつきや落下してケガをする恐れもありますので、併せて固定具合を確認して下さい。

  • PalconのZEH
  • Palcon SE
  • 九州地区/熊本地区で建築予定の皆さまへ限定プランのご案内
  • 東京23区/不燃化特区にお住いの皆さまへ
  • 大成建設ハウジングとパルコンの技術と想いを映像でお届けします
  • 建築用地をお探しの方は、有楽土地不動産がお手伝いいたします。
  • longlifedesign
  • 大成建設グループ「住まい」