構造/性能 8つの高性能 Palcon 8 Quality 5つの強い

火に強い(外部)

最高レベルの耐火性能を誇る、パルコンのコンクリートパネル 鉄筋コンクリート住宅のパルコンは、外部火災にも強さを発揮し、延焼をくい止めます。

1000℃の火に2時間以上耐える、耐火性能は実験で証明済です。

大切な資産や家族の命に危機が迫る火災。燃焼温度は1000℃以上と言われています。パルコンでは、ISOの規定に添って耐火試験を実施しました。耐火レンガでできた加熱炉にパルコンのコンクリートパネルをセットし、フタをしてバーナーで最高1000℃まで加熱後、コンクリートパネルの影響を調査しました。その結果、1000℃の火にさらされて2時間以上経過し、コンクリートパネルの表面温度が1000℃になっても、耐力は低下しないことが確認されました。通常では、2時間以上燃え続ける火災はほとんどなく、パルコンには万全の耐火性能が備わっていると言えます。

●耐火試験(ISOの規定に準じた試験)耐火試験(ISOの規定に準じた試験)

2時間耐火の基準を余裕でクリア、延焼を防止するコンクリートパネルです。

火災が恐いのは、自宅からの出火はもちろん、隣家からのもらい火。外部からの延焼を防ぐには、外壁の耐火性能が重要です。鉄筋コンクリート住宅のパルコンは、建築基準法に定められた基準を無条件でクリアした耐火構造※。床も壁も屋根も、厚さ100㎜以上で2時間耐火の条件を満たし、準耐火構造60分を掲げる木造や鉄骨造の住宅とは大きな耐火性能の差があります。また、鉄筋コンクリート造における耐火構造の基準と比較しても、パルコンの壁パネルの標準厚さ140㎜は、1時間耐火構造における厚さ70㎜の2倍、2時間耐火構造における厚さ100㎜の1.4倍と、余裕十分な厚さです。※耐火建築物とする場合は、屋内の階段を鉄骨等にする必要が生じます。

●耐火構造の厚さ(㎜)基準(平成12年建設省告示第1399号より)耐火構造の厚さ(㎜)基準(平成12年建設省告示第1399号より)

一般的な住宅の外壁部材としては、サイディングが厚さ14㎜~21㎜、ALC板が厚さ75㎜~100㎜であるのに比べて、パルコンの壁パネルの標準厚さ140㎜は、圧倒的に厚いことがわかります。

●パルコンの壁パネルと他外壁部材との厚さ比較パルコンの壁パネルと他外壁部材との厚さ比較

火災をくい止める延焼遮断帯※として、外部からの火にしっかりと耐えます。※延焼遮断帯とは、延焼を遮断するために設けた地帯です。

延焼の恐れは1階よりも2階の方が大きいと言われています。さらに、軒裏の通気口は、隣家からの火災に最初に高温にさらされ、そこから内部に火が進入して延焼※の原因となります。鉄筋コンクリート住宅のパルコンでは、そんな心配も無用です。※屋上に木造の置屋根を設置した場合は、この部分に対しては、延焼の恐れが生じます。

●火災家屋からの距離と温度の関係(日本火災学会火災便覧)火災家屋からの距離と温度の関係(日本火災学会火災便覧)

都市部での広範囲な火災や山火事などの際、鉄の融点を超える炎の竜巻が発生し、重大な被害をもたらす火災旋風。実際に発生した火災で、パルコンが隣家の火災に耐え、火災旋風から延焼をくい止めた事例があります。風上の2軒先の木造住宅で発生した火災が燃え移り、隣家は全焼となってしまいましたが、パルコンは一部のガラスにヒビが入り、ススがついたものの、外壁のコンクリートパネルの性能には影響がありませんでした。構造体そのものが火に強いパルコンなら、火災にあった場合でも、部分的な補修だけで再生できます。

●隣家からの延焼をくい止めたパルコン

  • パルコンの魅力をご紹介 資料請求
    お近くの展示場
    東京都 不燃化特区へお住まいの方へ
    パルコンマックス
    Palcon Official Channel
  • パルコンメール会員募集
  • エネルギー収支ゼロの家づくり:スマートパルコン
    “ため”になる!税金の話
    災害に強い家「パルコン」地震に強い家!/台風に耐えた家!/火災を止めた家!
    くらしはじめの家 Palcon Your Style あなたらしさを生かせる、家づくりの2つのシステム
    リフォームをご検討の方 戸建・マンションからオフィスまで
    Palconオーナー様サイト
    お住まいの建築用地をお探しの方 エリア・沿線・フリーワードで首都圏の土地を探す 大成有楽不動産販売
  • 東日本大震災の影響に関するお知らせ
    震災お問い合わせ お住まいのことでお困りのことがございましたらご連絡ください。