被害は家具・家電が動いた程度。避難せずにそのまま過ごせました。

地震・津波2016年熊本地震の体験談。(災害時:築29年)

家の中の様子も大丈夫だったので避難はせず、そのままパルコンにいることに。

「1度目の地震は夜だったこともあり、家の中の様子も大丈夫だったので避難はせず、そのままパルコンにいることに。すぐ外に出られるように洋服を着て寝ました」と奥様。実際には2日後の本震を過ぎてからも避難せずに済んだそうです。「今回の地震は本当にビックリしましたが、我が家の被害自体はほとんどありませんでした。建物自体にはもちろん被害がなく、室内の変化といっても冷蔵庫の扉が聞いたり、お仏壇が前に出てしまったくらい。仏壇を元の場所に戻す時に来ていただいたご住職も、以前と変わらない阿弥陀様のお姿に驚いたご様子でした」とのこと。

家を建てる際に、パルコンは高価な印象だったのでとご主人は反対されていたそうですが、「主人が単身赴任中の建築でしたので、私ですと手抜きをされているのか確認のしょうがないので、コンクリートだとしっかりした造り方、だと思いパルコンを選びました。主人も今となってはよかったと言っています」と奥様。「将来、孫がこのパルコンを継いでくれると嬉しいです」とご自宅を見上げる奥様でした。

2016年熊本地震の体験談。

他の事例も見る

  • PalconのZEH
  • Palcon SE
  • 九州地区/熊本地区で建築予定の皆さまへ限定プランのご案内
  • 東京23区/不燃化特区にお住いの皆さまへ
  • 大成建設ハウジングとパルコンの技術と想いを映像でお届けします
  • 建築用地をお探しの方は、有楽土地不動産がお手伝いいたします。
  • longlifedesign
  • 大成建設グループ「住まい」