建物自体がしっかりしているパルコンで良かったと娘と話しています

豪雨・土砂崩れ2018年西日本豪雨の体験談。(災害時:築40年)

一気に水が室内に

6日午前7時頃、雨の様子を見ようと玄関を開けたら、一気に水が室内に流れ込み、慌てて階段に昇り避難をされたM様。
「家の中は80cmほど浸水して、1階の和室の畳が浮いていました。道路からは170cm位は浸水したと思います」水が引く午後5時頃まで、被害の無かった2階で過ごしていたそうです。

「キッチンと洗面台が使えなくなってしまったので、直ぐにリフォームをしようと決めました。キッチン、洗面台の交換と1階の床、壁紙の貼換え、畳の交換をしました。リフォーム前に比べて明るくなりました。工事中も大成ハウジング四国の方に度々来ていただいて頼りになりました」とおっしゃるM様。ご近所では、まだ片付けも終わっていないお宅が数多くあるそうです。「建物自体がしっかりしているので早くリフォームが出来てパルコンで良かったと娘と話しています」とのお言葉をいただきました。

2018年西日本豪雨の体験談。
愛媛県宇和島市のオーナー様

他の事例も見る

  • 思い描くイメージに応える大成建設の分譲地
  • PalconのZEH
  • Palcon SE
  • 東京23区/不燃化特区にお住いの皆さまへ
  • 大成建設ハウジングとパルコンの技術と想いを映像でお届けします
  • 建築用地をお探しの方は、有楽土地不動産がお手伝いいたします。
  • longlifedesign
  • 大成建設グループ「住まい」