いつまでも安心して暮らせるのが一番ですね。

台風・竜巻2004年台風18号猛威の体験談。

コンクリートじゃなければ大変でした

「瓦やトタンが飛んで来て壁に当たるんです。
コンクリートじゃなければ大変でした」と、2004年の台風18号の猛威にあわれたU様はおっしゃいます。実際、U様のお宅のカーポートの屋根は周囲からの飛来物で破損し、また庭木にも被害がでたそうです。
しかし、築20年以上でありながらパルコン本体はまったく問題なく 、暴風域に入っている時も安心だったとおっしゃいます。

なによりもまず、住むところをきちんとすることが大切!

なによりもまず、住むところをきちんとすることが大切、とお考えのU様は、地震・台風に強く耐久性がとても優れているという理由でパルコンをお選びになったそうです。

「家にも少しずつ手を入れて、きれいに長く暮らすことが一番です」とおっしゃるU様は、断熱ブロ ックの交換や再塗装なども定期的に行っていらっしゃいます。台風の時でも被害がなく、いつもきれいにされているU邸はご近所でも評判のお宅。
ご本人も、これからもこまめに手を入れながら大切に暮らしていきたい、とパルコンに対する愛着と信頼感を語っていらっしゃいました。

台風の猛威の体験を語っていただいたオーナーU様

他の事例も見る

  • PalconのZEH
  • Palcon SE
  • 九州地区/熊本地区で建築予定の皆さまへ限定プランのご案内
  • 東京23区/不燃化特区にお住いの皆さまへ
  • 大成建設ハウジングとパルコンの技術と想いを映像でお届けします
  • 建築用地をお探しの方は、有楽土地不動産がお手伝いいたします。
  • longlifedesign
  • 大成建設グループ「住まい」