一軒だけ残ったわが家を改修し、 今も同じ場所で暮らしています。

地震・津波2011年東日本大震災の地震と津波の体験談。

屋根の上を越え、内陸部へと流れ込んでいく津波。

宮城県仙台市若林区の沿岸部、荒浜の南側に広がる井土浜。
東日本大震災が起きた当日、運河沿いに美しい松林が続く自然豊かな井土浜を襲った大津波は、K様邸の屋根の上を越え、内陸部へと流れ込んでいきました。

津波の凄ましい勢力が海岸の木をなぎ倒し、丸太となって押し寄せ、室内に侵入。その勢いで窓ガラスや壁の一部は破壊されましたが、パルコンの躯体自体はほとんどダメージがなかったそうです。

自宅が残ってくれていて本当に嬉しかった。

避難所から戻ったK様が目にしたのは、瓦礫が漂う水面にただ一軒、ぽつんと浮かんでいるわが家でした。
「自宅が残っていたのを発見し、『あった!!』と喜んだのもつかの間、湖の中の一軒家のような状態でした。その状況にとにかくビックリしました。そして、どうやって直すか、途方に暮れました。でも、自宅が残ってくれていて本当に嬉しかった。」と当時の思いを語るK様。

改めてコンクリート住宅を選んで良かったと実感しました。

その後、このエリアは災害危険区域に指定され、住居の新築は認められないものの、改修をすることは認められました。
K様は多くの仲間に支えられ、自宅を改修し、震災から約一年後にこの地に戻ってこられました。
「自宅が残っていたから、住み続けようと思いました。やはり、我が家が一番。安心するし、やっぱり一番落ち着きます。自分の命は自分で守ることが大切だと実感しました」とおっしゃるK様。
また、今回の経験を通じ、「改めてコンクリート住宅を選んで良かったと実感しました」と感謝のお気持ちを語ってくださいました。

2011年東日本大震災の地震と津波の体験談。

他の事例も見る

  • PalconのZEH
  • Palcon SE
  • 九州地区/熊本地区で建築予定の皆さまへ限定プランのご案内
  • 東京23区/不燃化特区にお住いの皆さまへ
  • 大成建設ハウジングとパルコンの技術と想いを映像でお届けします
  • 建築用地をお探しの方は、有楽土地不動産がお手伝いいたします。
  • longlifedesign
  • 大成建設グループ「住まい」