超低金利時代の今がチャンス

2016年、日本の住宅ローン金利は、日銀のマイナス金利政策のにより、超低金利時代を迎えました。
住宅取得をお考えの皆さまには、この機会を見逃さないよう、住宅取得支援制度と合わせて、賢い家づくりをお勧めいたします。

住宅取得に追い風の超低金利時代

日本初の「マイナス金利」が導入され、住宅ローン金利が下がりました。住宅取得など借入金額が大きい場合、金利の違いによって総返済額が大きく変わってきます。

対象住宅
賃貸併用住宅、一般住宅

金利引下げによる効果

試算条件
借入額3,000万円 35 年固定(元利均等返済) ボーナス返済なし

借入金利・借入金額の違いによる総返済額試算表

住宅ローン(フラット35)・10年物国債金利の推移

  1. ※フラット35金利は返済期間21年以上の金利。
  2. ※「最高金利」とは、フラット35取扱金融機関が提供する最も高い金利、「最低金利」とは、フラット35取扱金融機関が提供する最も低い金利を指します。

住宅取得減税制度の活用

各種住宅関連税制の減税措置を受けられます。

対象住宅
賃貸併用住宅、一般住宅
  • PalconのZEH
  • Palcon SE
  • 九州地区/熊本地区で建築予定の皆さまへ限定プランのご案内
  • 東京23区/不燃化特区にお住いの皆さまへ
  • 大成建設ハウジングとパルコンの技術と想いを映像でお届けします
  • 建築用地をお探しの方は、有楽土地不動産がお手伝いいたします。
  • longlifedesign
  • 大成建設グループ「住まい」