住宅に係る登録免許税の軽減措置

自分の居住用に家屋を新築·取得した場合における所有権の保存·移転登記、又はその家屋の取得資金の貸付け等を受けた場合の抵当権の設定登記に係る登録免許税は、平成29年3月31日までの措置として下記のとおり軽減されます。

事業用買換特例の適用期限の延長

個人が事業用の資産を買い換えた時に、一定の要件を満たすことで譲渡益の一部を将来に繰り越すことができ、初期に支払う税金を節税することができます。この特例を、「事業用資産の買い換え特例」と言います。ここでは、不動産運用(賃貸経営)に適合する、いわゆる7号特例に関して記載します。

※1.国内にある土地等、建物又は構築物。土地の場合には原則建物の敷地で300㎡以上

法人についても同様の取扱いとなります。なお、細かな部分について一部要件の見直しが行われています。

  • 思い描くイメージに応える大成建設の分譲地
  • PalconのZEH
  • Palcon SE
  • 東京23区/不燃化特区にお住いの皆さまへ
  • 大成建設ハウジングとパルコンの技術と想いを映像でお届けします
  • 建築用地をお探しの方は、有楽土地不動産がお手伝いいたします。
  • longlifedesign
  • 大成建設グループ「住まい」