Theme 3洗 濯

「洗う」から「しまう」まで、
洗濯の流れを効率良く

プランニングポイント

●「洗う」から「しまう」までの一連の流れ
「洗う=洗面室」「しまう=クローゼット」など、それぞれの作業を行なう場所を隣接させ、移動距離に配慮しましょう。
●たたむ場所を決める
物干し場の近くにたためる場所を設けると、取り込んだ洗濯物をサッとたためます。
●雨の日の物干し場をつくる
雨の日や花粉の季節など、洗濯物を外に干せない日は意外と多いもの。あらかじめ室内に物干し場を設けておくと安心です。

Plan1

① 畳スペース
洗濯物を「たたむ」のに便利で、室内干しにも使える畳スペース。
② 物干し場
たたむ場所に隣接して配置できれば、大量の洗濯物もらくに取り込める。
③ 脱衣室収納
家族みんなの下着や、タオルをしまえる収納が脱衣室にあると、「着る」のも「しまう」のも便利になる。

Plan2

① 収納の2WAYアクセス
廊下から収納へ、部屋から収納へと、どちらからもアクセスできるようにすると、使い勝手が大幅にアップ。
② バルコニー直結の洗濯室
洗濯室をバルコニーに隣接して設ければ、ぬれた洗濯物を最短距離で物干し場へ運べる。
③ ファミリークローク
家族みんなの衣類を一箇所に収納すれば、「しまう」がとてもラクになる。
④ インナーテラス
梅雨どきや花粉の季節に便利な室内物干しスペース。建具で隠せるので、インテリアもすっきり美しく。

Plan3

① 洗濯室
「洗う・室内干し・アイロン・たたむ・しまう」ができる洗濯室。リネン庫の機能も持たせれば、洗面室はすっきり。
② シンプルな最短動線
「洗う→干す→取り込む→アイロン→たたむ→しまう」を最短距離で結ぶと、スムーズな動きで時間の短縮になる。
  • PalconのZEH
  • Palcon SE
  • 九州地区/熊本地区で建築予定の皆さまへ限定プランのご案内
  • 東京23区/不燃化特区にお住いの皆さまへ
  • 大成建設ハウジングとパルコンの技術と想いを映像でお届けします
  • 建築用地をお探しの方は、有楽土地不動産がお手伝いいたします。
  • longlifedesign
  • 大成建設グループ「住まい」