音楽堂併用住宅

西巣鴨に誕生したピアニスト兄弟が運営する音楽堂

2台のピアノを大音量で弾いても安心です

住宅兼音楽堂ホールであるパルコンをお建てになるきっかけをお伺いすると、「都内の便利な場所に、事務所と演奏ができるスペース両方を兼ね備えた住まいを持つことが昔からの夢で、パルコンを建てることでその夢が実現したと思っています」とK様ご兄弟。
パルコンをお選びいただいた最大のポイントはやはり遮音性能の高さにあるとのことで、「2台のピアノを使ったピアノデュオは、すごい音量と迫力で、通常では大きなピアノホールを使わないとできないのです。ところが遮音性能にとても優れているパルコンなら、ここのような住宅街でもピアノデュオをおこなうことができ、とても驚いています。」実際に演奏中の音を外で確認してもらったところ、ほとんど聞こえなかったそうです。

二人でピアノデュオを行うK様ご兄弟

「現在、ピアノが1階の練習室に1台、3階のサロンに2台あるのですが、両方の階で同時にフォルティッシモの音量でピアノを弾いても、お互いに聞こえません。音が干渉しないのでとてもいいですね。通常は防音室にしないと、互いの音が混ざり合うと思うのですが、パルコンの場合は、簡易な防音工事のみにもかかわらず、この防音効果には驚いています」(注、天井材は吸音素材・防音ドア・二重サッシを採用しています)

1階の練習室にもグランドピアノを設置

ピアノや音楽を楽しむにはベストな空間

実際にお住まいになって気づいた点についてお伺いすると、「遮音性能のよさとともにパルコン板の床は重さにも強いのでピアノを自由なところに設置でき、また動かすこともできるのでとても便利です」とのこと。
木造住宅の場合グランドピアノを設置する際、床補強が必要となり、一度設置すると容易に場所を移動することができないそうです。また、パルコン板と天井に貼った吸音天井材との相性もよいとのことで、「きれいに音を吸収し上手に反射してくれる材質のようで、調律師の方もとても音響状態がいいとおっしゃっていました」
「パルコンは音響状態がいい空間なので、バイオリンなど他の楽器にもとてもよいでしょう。オーディオルームとしても最適じゃないか」とおっしゃいます。
「C Dの編集作業もここで行なったことがあるのですが、レコード会社の方が大きなスピーカーを持ってきて、かなり遅い時間まで作業しましたが、何も問題はありませんでした。スピーカーの音もとてもよかったです」

西巣鴨音楽堂

2015年4月竣工

延床面積 137.76m2(41.67坪)

西巣鴨音楽堂 
東京都豊島区西巣鴨2-5-1

ホームページ
http://nishisugamo-ongakudo.com

K様ご兄弟オフィシャルサイト
http://kawaguchi-kyoudai.com

他の事例も見る

賃貸・収益型住宅をご覧いただける展示場

  • PalconのZEH
  • Palcon SE
  • 九州地区/熊本地区で建築予定の皆さまへ限定プランのご案内
  • 東京23区/不燃化特区にお住いの皆さまへ
  • 大成建設ハウジングとパルコンの技術と想いを映像でお届けします
  • 建築用地をお探しの方は、有楽土地不動産がお手伝いいたします。
  • longlifedesign
  • 大成建設グループ「住まい」