防音&遮音

高密度なコンクリートパネルがつくる、パルコンの音環境。
外部からの騒音や上階からの衝撃音を大幅に低減、静かで快適な暮らしを実現します。

  1. ※当イラストは、コンクリートパネルの外壁・内壁及び床に対する音環境のイメージを表現しており、間仕切壁<図中に(dB)で表記>や扉・窓の遮音性能は、一般的にコンクリートパネルより劣ります。 また、騒音の大きさは、条件によって異なり、コンクリートパネルを介して低減される音の程度は、音域によって異なります。当イラストでは、表現された発生源の音に対する音域を想定しています。

外壁の遮音性能はD値45、電車の音がレンジフードファンの音程度に。

遮音性能は、重く高密度なものほど優れています。鉄筋コンクリートの家パルコンの外壁の遮音性能は、厚さ14㎝のコンクリートパネル(普通コンクリート)に内装仕上げ(下地共)を施した状態※1でD値45※2を達成しています。特に低音域(125〜500Hz)で高い遮音性能を発揮し、500Hzの音であれば、100dB程度の電車の音をレンジフードファンの音程度にまで抑えることが可能です。

  1. ※1.コンクリートパネルに断熱材を貼り、フリー配線システムのスペースを確保し、内装を仕上げます。
  2. ※2.D値(上記イラスト内のdBの低減値も同様)は、実験棟における実測値にもとづいた参考値であり、この値を保証するものではありません。
【D値(室間音圧レベル差)】
2つの部屋の間を通り抜ける音が、聞こえにくくなる程度を表す値。数値が大きいほど、遮音性能は高くなります。
【Hz(ヘルツ)】
国際単位系(SI)における周波数や振動数を表す単位。1秒間に60回振動を繰り返す波は60Hzとなります。
【dB(デシベル)】
音の大きさを表す単位。数値が大きくなるほど騒音も大きくなり、例えば、100dBはジェット機の音のレベルに相当します。

標準厚さ14㎝のコンクリートパネル(普通コンクリート)単体の遮音性能はD値50であり、一般のALC板で同等の性能を得るためには厚さ67㎝が必要となり、これは、厚さ75㎜の製品で約9枚分に相当します。

重くて頑丈な床のコンクリートパネルが、上階からの床衝撃音を低減します。

床の遮音性能を表すには、重量床衝撃音(子どもが跳ねた時の「ドスン」という音)と、軽量床衝撃音(掃除機をぶつけた時の「コツン」という音)2種類を対象にする必要があります。重量床衝撃音は重い材料ほど性能が高くなり、鉄筋コンクリートの家パルコンでは厚さ15㎝※のコンクリートパネル(普通コンクリート)が高い遮音性能を発揮します。軽量床衝撃音に対しては、カーペットを敷くなど、柔らかい素材を援衝材として用いることが有効となります。
  1. ※床のコンクリートパネルの標準厚さは15cmとなりますが、プランニングによっては、ワイドスラブ(厚さ18cm他)を使用する場合もあります。


重量床衝撃音の試験

ホームシアターづくりにも、コンクリートの遮音性能が有効です。

自宅で本格的に映画鑑賞が楽しめるホームシアターが注目されています。鉄筋コンクリートの家パルコンでも、ホームシアターやピアノルームを計画される方が増えてきました。木造や鉄骨造の住宅でホームシアターなどをつくる場合は、サッシュや扉といった開口部はもちろん、床や壁の一面に防音材を敷き詰めるなど、相当な対策が必要になります。
これに対して、鉄筋コンクリートの家パルコンのコンクリートパネルに囲まれた部屋は、もともと高い遮音性能が備わっているため、部屋の内側と扉や窓に適切な防音措置を施せば充分に対応が可能。ピアノルームに対しても、部屋を二重構造にするなどして対応することができます。カラオケパーティーを開いたり、お気に入りの映画を大音量で鑑賞したり、鉄筋コンクリートの家パルコンは本格的な音響空間の計画が可能です。


  • シアタールーム

  • ピアノルーム
  • PalconのZEH
  • Palcon SE
  • 九州地区/熊本地区で建築予定の皆さまへ限定プランのご案内
  • 東京23区/不燃化特区にお住いの皆さまへ
  • 大成建設ハウジングとパルコンの技術と想いを映像でお届けします
  • 建築用地をお探しの方は、有楽土地不動産がお手伝いいたします。
  • longlifedesign
  • 大成建設グループ「住まい」