配偶者控除の見直し

今回の税制改正では、配偶者特別控除の仕組みが拡充される形で改正となり、これまでの満額の控除が適用される上限だった配偶者の年収が103万円が150万円に変更されました。
また段階的に控除の金額が減額され、控除が受けられなくなる配偶者の年収が141万円から201万円に変更されています。
それにより、世帯収入による配偶者控除額の見直しも図られています。

世帯収入による配偶者控除額

控除対象配偶者又は老人控除対象配偶者のいらっしゃる居住者について、下記のように控除額が見直されています。なお、合計所得金額が1,000万円を超える場合には配偶者控除の適用が受けられなくなります。

【控除対象配偶者】

【老人控除対象配偶者】(その年12月31日の年齢が70歳以上の配偶者)

※住民税についても控除対象配偶者の場合は上限33万円、老人控除対象配偶者の場合は上限を38万円として、段階的に控除額が設定される。改正は2018年分以後
(住民税は2019年以後適用)

配偶者特別控除の見直し

配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額を、現行の38万円超76万円未満から、38万円超123万円以下へ変更となり、控除額は下記の通り変更となります。

【控除対象配偶者】

※住民税についても配偶者特別控除を受ける者の合計所得金額に応じて、段階的に控除額が設定される。改正は2018年分  以後
(住民税は2019年以後適用)

  • 思い描くイメージに応える大成建設の分譲地
  • PalconのZEH
  • Palcon SE
  • 東京23区/不燃化特区にお住いの皆さまへ
  • 大成建設ハウジングとパルコンの技術と想いを映像でお届けします
  • 建築用地をお探しの方は、有楽土地不動産がお手伝いいたします。
  • longlifedesign
  • 大成建設グループ「住まい」